子どもが勉強する環境は「リビング」だけでなく子どもが勉強しやすい環境を

最近では子どもの学習環境について興味を持つ方も多く、家族がリラックスして過ごすリビングで学習すると集中力がアップするということで、リビング学習をすすめるテレビ番組もありました。
リビングでは、家族特にキッチンで家事をする物音や、家族の出入りなど、日常の音を感じながら勉強に臨めるので「勉強しなきゃ」という義務感ではなく、自然と勉強する姿勢をもつようになるというところがすすめられる理由にあるようです。
ですが、中には「静かな場所で集中して勉強がしたい」という子どももいると思うので、リビング学習だけがベストな勉強法ではないのではと思います。
集中したいからとあえて図書館で勉強をしたり、静かな自分の部屋で集中して勉強するといった子どもも多く、こうして考えてみると「集中しやすい」「勉強に取り組みやすい」環境が必要だということではないかと思います。
子どもの進学や将来の仕事選びのことを考えて、できれば勉強ができたほうがいいと思うことから子どもの学習環境について興味を持つ方が多いと思いますが、まずは子どもの意見も聞いて相談しながら決めていくことも大切ですね。