うっかりお昼寝してしまうと用が大変になる

先週末から今週にかけての話なのですが、うっかり日曜日にお昼寝をしてしまって大変な目に遭ってしまいました。
というのも、日曜日は少し朝早くから出かけなくてはならない用事があって、朝の5時から起きていたのです。
午前中で用事は済んだのですが、家に帰ると無事に終わったという安心感で、横になってそのまま寝入ってしまいました。
それから目が覚めたのは、すでにあたりが暗くなってきた夕方の5時で、かれこれ3時間ほどお昼寝をしてしまっていたんですよね。
しかし、私は昔から昼寝をしてしまうと夜に寝れなくなってしまうタイプで、案の定日曜日も、いつも寝る時間になっても眠ることができませんでした。
むしろ寝よう寝ようと思えば思うほど、なんだか焦ってしまうような感じになってしまい、余計に目が冴えてしまいました。
ようやく寝付いたのが明け方の4時くらいだと思うのですが、月曜日は仕事なので6時には起きなくてはなりません。
幸いアラームをセットしておいたので寝坊するようなことはなかったのですが、どうにもこうにも眠たくてぼんやりした月曜日を過ごしてしまいました。
安心したりやることがないと眠たくなるのは仕方のないことですが、くれぐれもお昼寝には注意したいものです。